■プロフィール

nasuyuyu

Author:nasuyuyu
那須の里山に生まれ育ってまもなく還暦。 趣味でデジカメ写真を撮るようになり、近頃やっと里山の良さに気づきました。

そんな里山の四季風景・野花を中心に紹介していきます。

■フリーエリア

このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 そして一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

■リンク
■最新記事
■カウンター

■最新コメント
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
環境悪化のトンボ沼!でも命は続いてます
今日は、私がトンボを撮りに行くトンボ沼(仮称)に付いて書きます。ちょっと長いです。(笑)

この沼に通い始めて、もうかれこれ10年近くなるかな~・・1周数分の小さな沼です。ある時、この沼でハッチョウトンボが生息!と言う記事が、地元の新聞に載り、その時初めてこの沼の存在を知りました。それからは、時間が出来るとカメラを持って写真を撮り続けていました。

   numa1.jpg

環境が変わりはじめたのが、2009年からです。
   numa2.jpg

山側が、どこか工事現場からの残土捨て場のようになってしまいました。
それでも沼の周りはまだまだ広く、多くのトンボを見ることができました。

2010年夏、沼だけ(手前の部分は駐車場)を残して周りはすっかり残土で埋められてしまいました。
   numa3.jpg

この年の夏は、それまでたくさんいたハラビロトンボが激減しました。そんな中、他のハッチョウトンボをはじめ沼のトンボ達は、環境変化に負けず!に飛び回りました。

2011年、今年も昨年と同じく沼はすっかり残土に囲まれています。
それでもトンボ達は、激悪の環境の中でたくましく生きています。今日はそのトンボ達に、素晴らしいものを見せてもらいました。羽化です!

ハッチョウトンボの羽化です。
   numa5.jpg

ヨツボシトンボの羽化です。
   numa4.jpg

ヨツボシトンボは、今年初めてここで見ました。
このトンボは、今では数が減り準絶滅危惧種(栃木)に指定されてます。
県内では希少種と言われているこのトンボ達に、環境に負けずに命をつなぐ元気な姿を見せてもらいました。


こんな小さなトンボ沼ですが、春から秋にかけていろんなトンボに会えます。
ここではやはりハッチョウトンボから。(左♂右♀)
   tombo1.jpg
今日時点で、雌は何頭かいましたが雄はまだ見てません。

今年お初のヨツボシトンボ
   tombo4.jpg

まだ先になりますが、7月になるとヒラヒラと舞い降りるチョウトンボ。こちらも準絶滅危惧種です。
   tombo2.jpg

そして、今日見たイトトンボたちです。
         numa7.jpg

   numa6.jpg

その他に、クロスジギンヤンマ・ショウジョウトンボ・ハラビロトンボ・シオカラトンボ等々・・この小さな小さな沼には、たくさんの命が育まれています。

しかしこれ以上の環境悪化は、ここに住む希少なトンボ達にも完全に命取りになります。何とかしてこの最低限の環境を保って、小さな生きものたちを守ってあげたい...です。
関連記事
スポンサーサイト


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。