■プロフィール

nasuyuyu

Author:nasuyuyu
那須の里山に生まれ育ってまもなく還暦。 趣味でデジカメ写真を撮るようになり、近頃やっと里山の良さに気づきました。

そんな里山の四季風景・野花を中心に紹介していきます。

■フリーエリア

このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 そして一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

■リンク
■最新記事
■カウンター

■最新コメント
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハッチョウトンボ、無残!!
昨日夕方、植物と昆虫の先生とトンボ沼へ行きました。

先生は、今年のトンボ沼の様子をまだ見ていませんでした。私から現状を見るようにお願いしていたので、来てくれました。当初、残土に囲まれた状況を見て驚いていましたが、トンボの発生状況も良いしその残土も近いうちに無くなる!とのことなので安心しました。
 Htombo2.jpg

その後、二人でトンボの写真を撮っていたときに、この事件は起こりました。
先生が、大きなアブらしき昆虫にカメラを向けながら..、
何か食べているから、そっちから写真を撮って!

そして撮った写真がこれです。
 abu1.jpg
そしてアップです!!
 abu2.jpg

その大きなアブの名前はアオメアブ
そして補食されていた昆虫は...なんと!ハッチョウトンボの♀でした!
アオメアブは、ハッチョウトンボの体をしっかり押さえて体液をすっています

貴重なトンボなのに!と思いますが、これも自然の中では普通の出来事なんです。でも何度もこの沼に通っていたので、その分トンボに思い入れがあります。残酷..と思いつつ、写真を撮ると直ぐソッと離れました。

その後二人で、デジカメのモニタに映ったトンボを見て、可哀想だけど仕方ないね..!

30分ほど写真を撮って、いろいろと話をしました。その中で、残土のせいか(?)ハラビロトンボが激減してることを言いました。
 harabiroT1.jpg
ハラビロトンボ♂
ハラビロトンボは、ハッチョウトンボに比べて個体数も多いので心配はないだろう!とのことです。

そして最後に「1日でも早く、この残土がどこかへ行って元のトンボ沼に戻ればいいね..。」と言うことで、お互いの意見が一致したところで帰途につきました。
関連記事
スポンサーサイト


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。