■プロフィール

nasuyuyu

Author:nasuyuyu
那須の里山に生まれ育ってまもなく還暦。 趣味でデジカメ写真を撮るようになり、近頃やっと里山の良さに気づきました。

そんな里山の四季風景・野花を中心に紹介していきます。

■フリーエリア

このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 そして一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

■リンク
■最新記事
■カウンター

■最新コメント
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トンボ沼を舞うハッチョウトンボ!!
7月に入り、3度目のトンボ沼です。
今日も、朝早くから出かけたおかげで・・全身を水滴で包んだハッチョウトンボを見ることができました。水滴が太陽の光で輝き、とても綺麗です。

そしてハッチョウトンボのです。
   0725-4.jpg
このところの数が少なく感じていたので、こうして会えると嬉しくなります。

こちらは未成熟の個体です。
   0725-2.jpg
全体が茶っぽいです。

こちらは、に変化しつつあります。
   0725-5.jpg
目の上の方から、赤くなってきましたね。

前回、このブログに載せたナツアカネです。
ナツアカネは、アキアカネと違い避暑に行かずに、近くの野山で夏を過ごすようですね・・。
         0725-1.jpg
降り注ぐ、朝の光のシャワーを浴びていました。(ちょっと見にくいですが)


そして今回、会いたかったトンボ・・チョウトンボです。ちょうど5頭が、トンボ沼の上をヒラヒラ舞うように飛んでいました。
   0725-6.jpg
元気な個体達で、なかなか下に降りて止まりません。止まった写真は、これを含め数枚だけでした。(泣)


小さなトンボ沼の上空をヒラヒラとチョウトンボが舞い、その下ではたくさんのハッチョウトンボ・イトトンボ達が自由に飛び回っています。

このトンボ沼が、まもなく消えようとしています。返す返す残念でなりません。

人間は、多くの自然を壊してきました。でもこのトンボ沼は、偶然とはいえ人間が創ったものです。何とか残って欲しいのですが・・。

**この沼のトンボ達を見たいときは、那須烏山市にお問い合わせ下さい**
関連記事
スポンサーサイト


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。