■プロフィール

nasuyuyu

Author:nasuyuyu
那須の里山に生まれ育ってまもなく還暦。 趣味でデジカメ写真を撮るようになり、近頃やっと里山の良さに気づきました。

そんな里山の四季風景・野花を中心に紹介していきます。

■フリーエリア

このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 そして一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

■リンク
■最新記事
■カウンター

■最新コメント
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
八方ヶ原の紅葉
今回の八方ヶ原の紅葉は、見頃をはずし残念な思いでした。
でもじっくり探すと、所々に自分でもとても気に入った紅葉のポイントを見つけました。そんな場面を撮ってみました。

hopo-koyo0.jpg

hopo-koyo1.jpg

hopo-koyo2.jpg


紅葉の写真を撮っている間は、どうしても目線が上向きになってます。ちょっとお茶タイムで休憩を入れ何げに足元に目をやると..紫色の小さな花が目に入りました。

utubokusa.jpg

頑張っている花だなー!と、よく見るとウツボグサでした。秋の冷たい朝露にも負けずに、元気いっぱい咲いていました。

スポンサーサイト
八方ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
八方湖の周辺
八方湖のすぐ横では、こんな風景です!

hapoko5-1.jpg

とにかく爽快な気分!に浸れました。

すぐ横の道路は、期間限定です。普段はゲートが閉じて入れません。
牧場の周りの紅葉も、すっかり葉が落ち始まっていました。

hapoko5-2.jpg


そして反対側の風景です。

hapoko5.jpg

小さな湿地が見られます。私の大好きな湿地です。春から夏にかけて、どんな花が咲くのでしょうか!?楽しみです

八方ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
八方湖の紅葉
今日は、八方ヶ原の近くにある八方湖の紅葉です。

八方湖、あまり知られていないと思います。私自身、この湖を知ったのは昨年です。山の中にひっそりとある小さな湖だそうです。

今年の春、この八方湖を見てみようと出かけました。山の駅”たかはら”で聞いたところ、道路が悪いから一般の乗用車はやめた方が良い!と言われました。幸いワゴン車で、車高もやや高めなので出かけてみましたが、かなり悪路!途中で引き返しました。

そしてこの秋、またもや八方湖を探しに行きました。
八方ヶ原の紅葉にがっかりしたので、標高が下がれば紅葉に間に合うのでは..と言う思いもありました。
春に引き返したところも乗り越え、牧場沿いにどんどん進んでいくと道路は舗装になり、さらに進むと..小さな沼にたどり着きました。どうやらこれが八方湖のようです。

hapoko1.jpg

hapoko2.jpg

hapoko3.jpg

残念ながら、この八方湖の紅葉も終わりかけていました。

しかしながら牧場と山に囲まれたこの小さな八方湖、静かでとても良いところ!周りを少し歩いてみたが、いろんな花も咲きそうな予感..。来年は、ここは定期的に見に来なくては!

八方ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
八方ヶ原の紅葉、今年は..
10月28日、今年も八方ヶ原へ行ってきました。

昨日、ブログで天気の愚痴を言ったのを天気の神様が聞いてくれたのかな..!
hapou1.jpg

ご覧のように、すばらしい青空に恵まれました。(塩原方面の山々です)

遠く那須連山もよく見えました。ほんの一月前、中央の茶臼から左に伸びる稜線を歩いたんだなー!と思うと、何となく嬉しく思えました。
hapou2.jpg


ところで肝心の八方ヶ原の紅葉ですが..!

hapou3.jpg

ご覧のような状態です。月曜から火曜にかけての強い雨風の影響かもしれません、八方ヶ原駐車場の回りは、葉はほとんど無くなっていました。

残念でしたが、これも自然の生業仕方ありません。とは言えこのまま帰るのも、せっかくの青空が勿体ない..!と言うことで、前から行こう!と思っていた、八方湖まで足を伸ばしました。
八方湖は、また後で..。

八方ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
紅葉、昨年は..
昨年10月28日は、八方ヶ原で青空の下で赤や黄色に色づいた木々を見ながら、のんびり散策していた..。(↓そのときの写真)
kouyo1.jpg kouyo2.jpg

明日は10月28日、昨年同様の紅葉を見ることができるかな..!?

気がかりは、今年は天気にあまり恵まれていない! 先日の那須姥ガ平、そして那須野ヶ原もそうでした。雨には降られないのだが、イマイチはっきりしなかった。

明日こそは!! 青空を期待して..。

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
雲巌寺
アザミ咲く展望の山を下り、雲巌寺にやって来ました。
雲巌寺は、臨済宗の禅寺で禅宗の日本四大道場の一つと言われています。芭蕉も奥の細道で立ち寄ったところで、句碑も残されてます。

朱塗りの橋の回りは紅葉の木で、紅葉時には見事な赤に色づきたくさんのカメラマンや観光客が押しかけてきます。残念ながらまだ紅葉には早く、紅葉の葉も青々としてました。


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
低山の花
今日は朝から気持ちよい青空が広がりました!
強かった風もやっとおさまり、我が家の小さな庭は葉っぱだらけになってました。掃除が大変だ~!

先日のコーヒーを飲みに行った山の続きです。
その時にも書いたように、ここはホントにアザミの多い山です。
azami.jpg

こんなアザミの群生が、あちこちで見られます。

そしてセンブリ、可愛らしい白い花を咲かせていました。

senburi.jpg

この花を見ると、子供の頃おばあちゃんに言われて、このセンブリを取りに行ったのを思い出します。その頃は確かトウヤクと呼んでいたような...。

それからこんな花も咲いてました。
タイゲキの仲間かな..?と思いますが、ちょっとわかりません。

taigeki.jpg

山頂で景色を見ながらコーヒーを飲み、そして花を愛で山を下りました。その後、すぐ近くの雲巌寺へ行きました。こちらはまたあとで。

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
名残を惜しむ那須野ヶ原の花
那須では、昨夜から強い風と雨が降り続いております。
お昼になって、雨もいくらか小降りになってきましたが、予報では夜にまた強い雨と..。

昨日の続き..。
那須野ヶ原は、一面すっかりススキに覆われてます。

10susuki.jpg

ススキの少ないところを見つけて中にはいると、旬を過ぎた花が秋を惜しむかのように咲いていました。
キセルアザミ・マツムシソウ・オミナエシ・ウメバチソウ..

10azami.jpg 10matumusi.jpg

10ominaesi.jpg 10umebati.jpg

那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
一月ぶりの那須のが原
久しぶりに那須のが原へ行きました。
前回が9月23日だから、約一月ぶりです。その那須野が原は、背丈以上にのびたススキに覆われていました。ススキヶ原の向こうに見える牧草地も、牧草を刈り入れ冬の準備に入ってました。

nasuno.jpg

今回の那須野ヶ原の目的は、ヤマラッキョウです。このヤマラッキョウで那須野ヶ原での花の撮影は終了となります。

早速、探し始めると何本か見つかりましたが、どうも花の状態がイマイチです。まだ早いのかそれとも今年は外れで少ないのか..何ともわかりませんが、何枚か撮って帰りました。

ヤマラッキョウはちょっと期待はずれでしたが、全く期待していなかったリンドウがたくさん咲いていました。霜にあたったのか、葉っぱはかなり痛んでいましたが、紫色の花をしっかり咲かせていました。

yamarakyo.jpg rindou.jpg


那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝のコーヒー
久々に予定のない土曜日です。
やることもないので午後からは仕事を入れたが、天気も良さそうなので「気持ちよくコーヒーが飲めるところ」を探しに出かけました。

”自宅から片道1時間、見晴らしの良いところ”を条件に、地図を見ながら考えました..。

ありましたありました!早速、車を走らせ目的の場所へ!

oteisan1.jpg

御亭山、標高512.9m。360度、見渡せるすばらしい所です。それに山頂のすぐ下にベンチもあります。冬に良く山を眺めに来たところです。

早速、お湯を沸かし、その間に写真を撮り始めました。残念ながら東から南にかけて雲が広がり、眺めはイマイチでした。快晴なら、下段左側の写真の中央付近に筑波山が見えるはずです。

oteisan2.jpg oteisan3.jpg

お湯が沸いたところでコーヒーを入れ、の~びり時間の流れを感じながら過ごしました。

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
冬桜
ちょっと2日ほど休みました。
それで今日は、何か面白いものはないかな..?とこんなものを探してきました。

冬桜を見てきました。
年2回咲く桜で、今の時期は見頃と言ってもパラパラ状態ですが、しっかりお花見をしてきました。
sakura1.jpg

この公園は、冬桜の木がまとまって(20本以上)植えてありますが、道路からちょっと低いところにあるので、気が付く人は少ないようです。
もう少し経つと回りの木々も色づくので、今度は紅葉と花見を一緒に味わいたいです。
sakura2.jpg

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須・姥が平の紅葉 その2
十分に那須連山を観望した後、姥が平に向かいました。
姥が平には、いったん鞍部まで下りそれから登り返します。20分も歩くと、左手に梵天岩が見えてきます。
ubagataira21.jpg
それから少し歩くと姥が平です。
牛ヶ首から降りてくる人、沼原湿原から来る人で賑わいます。真っ赤に色づいた中での休憩は、最高の気分を味わえます。
ubagataira22.jpg
しばし休憩を取り、次はすぐ近くのひょうたん池まで行きました。
ひょうたん池に写る逆さ茶臼は良かったのですが、もう少し風が無く青空ならば、言うこと無し!でした。
ubagataira23.jpg
今回の紅葉も、最高の天気!とは言えませんでしたが、それなりに楽しむことが出来ました。やっぱり那須はいいなー!
ubagataira24.jpg

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須・姥が平の紅葉 その1
早朝7時、まだ車の少ない沼原湿原駐車場を出発しました。
はじめは快適な山歩き、クマザサの中に色づいたダケカンバやモミジを見ながら快適に進みます。20分を歩いただろうか、いよいよこのコース最大の急登が始まりました。ロープにつかまりながらも足元を見ながら一歩一歩進んでいきます。全身から汗が噴き出し、回りの景色も見る余裕もなくなる頃に急な登りもいくらか緩やかになります。休憩を入れ、ここから石ころだらけのダラダラ登りを30分!すると、登山道の先の木々の間から、光が見えてきました。
ubagataira13.jpg
やったー!
このコース最大の感動の時です。そしてそれまでの疲れが一変に吹き飛んでしまう風景に出会います。紅葉は終わりに近づいてましたが、まだ充分い赤い山肌の上に朝日岳が見えました。
ubagataira15.jpg

そしてその右には、逆光の中に茶臼岳の姿が浮かんでいました。
ubagataira14.jpg

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須・茶臼岳の紅葉
前回(10/1)に引き続き、今日も那須の姥が平へ行きました。
行く途中は、那須連山に雲一つ無く絶好の紅葉日より・・!と出かけていきましたが、駐車場に着くと雲が広がりはじめてました。

今回の様子は、明日からアップします。写真は、ひょうたん池から撮った茶臼岳です。
tyausu.jpg

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホトトギスが咲いていた
ホトトギスの花が咲きました。
昨年、物置として使っている所に咲くホトトギスが増えすぎてしょうがないので、草刈り機で綺麗に刈りました。
あちらこちらのブログで、ホトトギスが載るようになったので、気になって見に行きました。この花は強い花ですねー、さすがに刈り取った所は少なかった(それでも数本)が、ちょっと離れたところにしっかりまとまって花をつけていました。
hototogisu.jpg

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
黒いカラスと黒くないカラス!
siro-karasu3.jpg
本当は、昨日のブログ「黒くないカラス」の追加写真として載せる予定でしたが、サッカーを見ていたらいつの間にか寝ていて、気が付いたら布団の中にいました。

あらためて..黒いカラスと黒くないカラスです。この2羽は、いつも一緒に行動してます。ここに時々もう1羽黒いカラスが入ります。だいたいこの2羽+1羽でいつも行動しているようです。
siro-karasu2.jpg

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
黒くない!カラス
それは約二ヶ月ぶりの再会でした。
それまでも何度か足を運んでいましたが、声さえも聞こえませんでした。
今日も、まさか会えると思ってないが、近くを通るからカメラだけでも!..と手近にあった望遠付きのカメラを車に積んで出かけました。

いつもの場所に着き、回りを眺めましたがカラスの気配は全く無し!やっぱりダメかー、と帰ろうとすると、すぐ近くの土手の草が揺れている。何だろうと見ていると..なんとあの白いカラス!その後から普通のカラスも2羽、合わせて3羽が何かをついばみながら道路まであがってきました。
siro-karasu1.jpg
今回は、車からも近かったので良く観察も出来ました。白いカラス!と言うより全体がグレーで羽が白くカラスと言うよりハトのような印象でした。



里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那珂川と梁
昨日の続きです。
坪渕の滝を見てから、さらに山の奥へ進みました。すると崖の下の那珂川が見えてきました。どうやらこの細い山道は、那珂川の流れに沿って走っているようです。それからしばらく進むと集落で出ました。大瀬です。目の前には鎌倉山がそびえ、その下を那珂川が流れる、なかなか風光明媚な良いところです。その那珂川にかかる大きな橋を渡ると、川に梁がかかってました。
yana.jpg
この梁で、産卵に下る鮎(落ち鮎)を一網打尽にします。落ち鮎は卵を持っていてとても美味しいです。その鮎を食べさせてくれるのが梁です。

今回は梁は見るだけで、今度は反対側の那珂川沿いを走って戻りました。この帰り道は「和の道」と言い、春は桜がきれいなところです。ここは春に載せる予定です。
yana1.jpg
和の道から撮った大瀬の橋。橋の手前にちょっとだけ梁が見えます。橋の上が鎌倉山。

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
まぼろしの名瀑へ
10月の3連休、初日2日目と那須・塩原へ出かけていたので、今日の遠出は控えました。
5時起床!うーん朝から天気が良すぎる!? 行こうか行くまいか考えること1時間以上、そうこうするうちに頭の中に「まぼろしの名瀑」が浮かびました。

栃木県茂木町の山間部、30世帯足らずの集落近くにある「坪渕(つぼぶち)の滝」、美しい滝だがどこにあるか分からず、まぼろしの名瀑と言われてました。
最近になって、この滝の周辺が整備されたと聞いていたし、ここならゆっくり写真を撮っても1時間ちょいで戻れそうなので決定しました。
tubobuti-taki.jpg
これがその滝です。
ここで大失敗、山の中を走るので車を軽に代えたので三脚を入れ忘れました。しかも滝は道路からかなり下で、日が差しません。仕方なくコンクリート製の手すりがあったので、そこにデジカメを置いて撮りました。
何枚か撮っているうちに、デジカメの下白いひものようなものあるのに気づきました。じゃまなので取り除こうとして手を伸ばした途端、白いひもに鱗のような柄!うわー!ひもじゃなくてヘビの抜け殻だー!!
tubobuti-hebi.jpg
参考のため、しっかり写真を撮ってきました。下がっている方が頭です。

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
塩原の紅葉はまだ早い
昨日、天気予報を信じ那須へ行きました。

先週の姥が平の紅葉が忘れられずに、また那須行きを予定しました。発達した低気圧とそれを援護する台風は、6日に関東を通過、7日は朝から青空が広がるでしょう!この予報を信じ、また自分なりにも「朝方はまだ山は荒れる」と思い、7時からの姥が平は中止にして12時からの沼原散策への安全策を取りました。
ところが...
11時、沼原..雨と強い風!
12時、沼原..まだ強い雨と風! 車から出られず!
仕方なくあきらめて塩原の大沼に場所を変更しました。大沼は、沼原ほど雨風ともに強くないので、それでもカッパを着ながら散策をはじめました。
大沼にも湿地があり、そこの草紅葉は色づいたかな..と期待して行ったら、何と!ほとんど水の中!!
onuma1.jpg
大雨のせいで、色づいた草紅葉はほとんど水の中でした..。

気を取り直して大沼散策をしようと木道を進もうとすると、木道が消えている!
あれー!木道が大沼の水面下に!!
onuma2.jpg

いくら文句を言おうが、お天気には勝てません。駐車場の回りで写真を撮って、すごすごと引き上げて行きました。



栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
カエル君、何か見えますか?
昨日までの紅葉から一転、可愛らしいカエル君を紹介します。

9月もまもなく終わろうとしていた頃、よく写真ネタを探しに行った公園を歩いた見ました。そこで小野道風もビックリ!するような、根性あるカエル君に会いました。
kaeru.jpg

細い茎にしがみつきジッと遠くを見つめるその姿、見ていて感動を覚えました。

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の紅葉:南月山から白笹山
南月山へ途中、日の出平あたりではかなり雲もかかり視界が悪くなってきましたが、時々風で雲が切れると、すぐ目の前に南月山の山容が見えてきました。
そして後ろを振り返ると..お天気なら茶臼岳・三本槍岳が見えて、最高の気分に浸れるところですが、残念ながら何も見えず..、時々雲か切れて見える日の出平の紅葉で我慢をしました。
hinodedaira.jpg

その後、南月山山頂・白笹山山頂は何も見えず、白笹山から沼原への下山途中での、自然が作った木々を楽しみながら降りてきました。
nasugoyo.jpg
nasugoyo1.jpg

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の紅葉、南月山へ
姥ヶ平でひとしきり休み、いよいよ本格的な登山となりました。

まずは牛ヶ首までの急登です。
姥が平から引き返す予定でいたので、気持ちを切り替えて急な登りを進んでいきました。
usigakubi.jpg
一汗をかく頃に牛ヶ首に到着すると、ここは多くの人でごった返しています。ロープウエイも動き出したようで、さらに多くの登山客もこちらに向かってます。休み場所を探し軽く休憩し、南月山へ向かいました。
minamigasan1.jpg

この頃になると、雲が出てきて視界がかなり悪くなってきました。回りの景色は見えずとも、登山道脇のオヤマボクチやヒナスユキソウかな?を見ながら、南月山へと進んでいきました。
oyama.jpg usuyukiso.jpg

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須・姥が平の紅葉2
那須・茶臼岳の懐に囲まれた姥が平、その中で1番好きな風景です。
今回は、残念ながら余計は人物が写っていますが、気にしないでください。(笑)
ubagataira1.jpg
偶然!ってあるものなのですね。
仕事の関係で、1年ほど前から会いたい人がいました。その人とは十数年会って無く、仕事場もちょっと離れているのでそのままになっていました。それが偶然..、しかもこんな那須の山の中で会うとは!

夏前から肩と股関節を痛めて、山らしい山はずっと避けています。ところが1日の新聞の1面に写った姥ヶ原の写真を見て、どうしても行きたくなりました。平地なら2~3時間は歩けるから何とかなるだろう!思い切り出かけました。登山道を歩き出し30分、このコースの最大の急登にさしかかり少し休憩を入れました。すると後ろの方からかなり大きい足音が聞こえてきます。歩き方が凄そうなので先に行かそうと待っていました。がっしりとした体型、いかにも山男風の男性が「お先に!」と声をかけてくれたので「どうぞ!」とその人を見るなり、お互い「あっあれー!!」急登を前にしばし話し込みました。するとやっぱり新聞の写真を見て来たそうです。

そして姥ヶ原の1番好きなところで、秋色に染まった風景を見ながら、昔話やら仕事の話やらして楽しく過ごしました。写真にはぼかしを入れたのでよく分からないとおもいますが、見るからに山がぴったり似合う風体(学生時代は山岳部)です。(笑)でも職業は、一般的には「◎先生」と呼ばれます。

その後、私は沼原に戻り◎先生は南月山・白笹山を回って沼原に降りる予定でしたが、◎先生の相変わらずの強い押しに押されて、お供をする羽目になりました。
ubagataira2.jpg
そして今日、私の腰から下は鉛のよう..です。

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須・姥ヶ平の紅葉
今日は、昨日の「那須・蓑沢の彼岸花」の続きを書く予定でしたが、止めます。
ただ一言..怒鳴り声が飛び交う「簑沢の彼岸花」は、気持ちの良いところではありませんでした。

気分を変えて、那須の紅葉です。
ubagadaira0.jpg
昨日、地元紙の一面に那須・姥ヶ平の紅葉の写真が載りました。通年この場所は、10月の2~3週が紅葉のピークでした。私自身、いつも10日前後に出かけ、すばらしい紅葉を堪能してきました。
この写真が載ったのには驚きましたが、予定もなかったので今年初の紅葉見物に出かけました。天気は曇りで山はガスがかかっていましたが、新聞の写真どおりの素晴らしい紅葉を見ることが出来ました。
ubagadaira1.jpg
姥ヶ平から、茶臼岳を見上げたところです。

紅葉 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。