■プロフィール

nasuyuyu

Author:nasuyuyu
那須の里山に生まれ育ってまもなく還暦。 趣味でデジカメ写真を撮るようになり、近頃やっと里山の良さに気づきました。

そんな里山の四季風景・野花を中心に紹介していきます。

■フリーエリア

このたびの東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 そして一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

■リンク
■最新記事
■カウンター

■最新コメント
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
那須の知られざる草原
那須には、観光ガイドに載らない草原もあります。
ここもその一つで、その昔、観光開発の話もありましたが頓挫しそのままになってます。

そこへ行く山道はすっかり荒れ、木や草で覆われています。
hiyodori1.jpg
小雨が降る山道を傘で木や草を押しのけ進んでいくと、あちこちにサワヒヨドリ(ヨツバヒヨドリかも?)が咲き、アサギマダラも沢山飛んでました。アサギマダラの飛ぶ姿はとてもきれいなのですが、体の模様がちょっとねー..。

そこから少し進むと、突然視界が開け草原に出ます。
hiyodori2.jpg
rindo.jpg
そしてこの時期は、サワヒヨドリ・エゾリンドウ・コオニユリ・アカバナ等々のお花畑になってます。晴れた日なら、すぐ目の前に雄大な那須の山々が見えるのですが、この日は雨でダメでした。ただ、ある団体がここに木を植える計画があるので、それがちょっと心配です。

スポンサーサイト
沼原湿原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日は温泉(鉱泉)です
今日は、このところ那須の帰りに必ず寄る温泉(鉱泉)の話です。
このY鉱泉(お湯は6.3℃)を知ったのは、何年か前の冬、地元新聞の特集からです。「湯船一面に白い膜」と言う見出しに興味を持ち、雪が解けるのを待ち探しに行きました。ところが新聞の地図がかなり大まかなだったので見つからず、その後何度か探しましたがダメですっかり忘れてました。

今年8月、ネットで散歩中にY鉱泉の記事を見つけ、そこにはかなり詳しい行き方も出ていたので再チャレンジしました。
行き方をプリントして来たのは良いが、全く分からない!30分ほどウロウロして田んぼにいた人に聞いてやっと目的の場所に来ました。ところがそこは、普通の民家と変わらない!心配しながらも車から降り、玄関の○○旅館の文字を見て、やっと一安心しました。
ついに待望の鉱泉です。親切な女将さんから、源泉は無色透明で沸かすと茶褐色になり白い膜(湯の花)ができてくる!と説明してもらい鉱泉に入りました。誰も入らなくてまだ1時間弱とのことで膜も薄かったですが、温度も低めでちょうど良くじっくり浸かって帰りました。

来月早々、那須行きなので、もう1度レンゲショウマを撮りに行きたいので、帰りはY鉱泉でゆっくりする予定です。そうそう言い忘れましたが、ここは浴室は一つです!
※写真はちょっと指でかき混ぜたところです。

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
名前は有名:トリカブト
沼原湿原の初秋の花は、青や紫が目立つようです。
サワギキョウ・リンドウに続きトリカブトも咲きはじめました。毒草で有名ですから名前は聞いたことがあると思います。花は名前の通り甲(かぶと)烏帽子で独特な形をしてます。

この花、写真に撮るとなかなか絵になるんで、毎年撮りに来ます。咲き始めなので、色がちょっと薄いですが、もう少したつと緑のところが取れ、もっと鮮やかな青紫になります。

未分類 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の花:リンドウ
那須の花の代表と言えばリンドウです。
ここ沼原湿原にも、たくさんのリンドウが咲きます。リンドウかエゾリンドウか悩むところではあるが、差し障りのないところでリンドウとします。
この日はちょうど曇り一時雨、咲き始めたリンドウですが花を開いてくれません。いずれ晴れた日にもう1度撮り直したいと思ってます。


沼原湿原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
湿原は初秋の花:サワギキョウ
今日の沼原湿原は、一面ガスがかかって見通しが悪いです。
それでも湿原に足を運ぶと、サワギキョウが出迎えてくれます。木道沿いから池の周りまで咲いてますが、今年は花が少なく感じます。
サワギキョウを撮り始めると、雨が降り出しました。強い雨ではないのでそのまま続けてる、今度は風まで..今日は早く帰れ!というのかな。1時間ほどで切り上げ、帰りに温泉でじっくり足を伸ばしてきました。
sawagikyo2.jpg

沼原湿原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
キツネノカミソリ
朝7時起床、あーっ寝過ごした!いつもなら、土日は5時前後に必ず目が覚めるのに..夏の疲れがでたのかな? さらに外は朝から雨!今日予定の那須行きは中止して一日の~んびりしようか..!

昨日4時頃、ガソリン給油のついでに、11日に行った龍門ノ滝キツネノカミソリがどうなっているか、気になって行ってみました。滝についてビックリ!あれほど咲いていた花が、影も形もありません。この花の花期は短いのですね..勉強になりました。ちなみにこの近辺のガソリン価格は138~142円です。毎週、デジカメ撮影に行く身にとっては、この高騰はつらいです。

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の深山の花:レンゲショウマ
那須の深山、目的の花はレンゲショウマでした。
「森の妖精」とか「野草の女王」とか言われ、1属1種(よく似た植物が他にない)の日本固有種です。

息を切らしながら山道を登り切ると、このレンゲショウマの花たちに出迎えられ、疲れは一瞬に吹き飛びました。そしてこの花の写真を撮りに来たのに、写真を撮るのを忘れジッと花たちをみていました。
薄暗い尾根道に咲くこの花は、本当に美しい..。その美しさを写真に出したかったが、難しい..!この花もやっぱり自然の中で本物を見るのが一番ですね。
renge02.jpg

renge03.jpg

renge01.jpg

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の深山の花:ソバナ、メタカラコウ
那須の深山、その3です。
昨日の湿地から稜線に戻り、しばらく歩いていくとシモツケソウの群生が斜面一帯に見られます(上の写真)。これが咲いていたら見事!だったでしょう。来年は、シモツケソウの花の時期に来たいです。
シモツケソウの群生が終わる頃、斜面の一部分に黄色い花が沢山咲いてます。何の花だろう!最初はオタカラコウと思ったが、花の様子がどうも違う。ネットで調べるとオ(雄)タカラコウと似たのにメ(雌)タカラコウがあるという..花の様子からメタカラコウだと思います。これも花が終わりに近かった。
metakarako.jpg

それから少し歩くと、紫の花がポツリポツリ現れました。ツリガネニンジンがこんな所にも..と思って近づくと花の付き方が違う!花も少し大きめ..これはソバナかな!?
sobana.jpg

で..目的の花は!?
明日載せます。(ちょっと引っ張りすぎかなー)

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の深山の花:アケボノソウ リンドウ
那須の深山、その2です。
この深山の稜線に出る手前に、小さな湿地がありました。そこにはアブラガヤが穂を出し大きく背丈を伸ばしてます。休憩をかねてその湿地に行ってみると、アケボノソウが咲いていました。花びらの模様を夜明けの星空に例えたというこの花、これからが見頃になるでしょう。そして那須の花リンドウは、この湿地の他あちこちで蕾をふくらませ開花の準備をしていました。
akebonoso1.jpg

rindou.jpg

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須の深山(みやま)の花:ホツツジ
朝4:30起床!天気は曇り
今日の花散策は、いつもと違い少し歩くので早出しました。

場所は那須の深山(みやま)、写真のように木々に覆われた山深いところです。歩き始めて1時間弱、そろそろ目的の花に出会える頃..と思いきや、ホツツジが出てきました。穂ツツジと書くくらいですから、穂に小さな花が幾つも咲きます。花も小さく写真には撮り難いですが、紅葉時には葉が真っ赤に染まってくれます。那須の山ではよく見かける花の一つです。

目的の花は、また次の機会に..。
hotutuji.jpg

栃木の自然 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
紅葉も色づいてきました
長らくブログを留守にしました。コメントをいただきながら、返信が遅れて申し訳ありません。またぼちぼち書き始めます。

暑い!暑い!が、口癖のようになっています。ところが先日行ったお寺では、参道の石段の紅葉真っ赤に色づいていました。立秋は過ぎているのを紅葉たちは知っているのでしょうね。


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ニラの花
今年は初盆..そしてすぐに一周忌、なにかと忙しい日が続きます。
このブログの更新も、ちょっと間が開きそう..。

そんな忙しさの合間に、家に咲いたニラの花を撮って見ました。


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
マイナスイオンをタップリ浴びたキツネノカミソリ
昨日に続き、今日もとても暑いです。昼食後、免許更新の案内が届いているのを思い出し、地元の警察へ行こうと家を出ましたが、車の焼けるような暑さに負け取りやめです。
結局、少し日が傾いた3時半ごろ出かけ、約30分のビデオ講習は眠かったですが、無事終え家に向かいました。

帰る途中、近くに滝が有るのを思い出しちょっと寄る事にしました。滝を見るだけ!と思っていましたが、滝の回りはキツネノカミソリがたくさん咲いている..!ちょっとのつもりが、小一時間の滞在になってしまいました。
taki2.jpg

里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
寄生植物:オオナンバンギセル
ススキなどの根に寄生する寄生植物、オオナンバンギセルです。
よくススキの根元に寄生する、ナンバンギセルは見て知っていました。ところがこれは、花も全体も大きい!同行者からオオナンバンギセルと教えて頂きました。場所により絶滅危惧種にも指定されている植物だそうです。

よく見ると、花の上の方に焦げた跡があります。でもこれは良い方で、中には花の半分ほどこげた状態のも数多くあります。この時期に野火焼きはないし..と思っていたら、この草原に写真を撮りに来た人が、この強い日差しで焦げた!とのこと。夏の日差しの強さを実感しました。



那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
満開のシモツケソウ
那須野ヶ原でサギソウを撮っていると..沼原湿原は今、シモツケソウが綺麗ですよ!
サギソウが咲く町の観察員に教えて頂きました。観察員の所には、花の情報があちこちから入るので、いろんな話を教えて頂きました。

それでは..翌日、沼原に来てみると、観察員の方の言うとおり今年はシモツケソウが大当たり!綺麗にたくさん咲いていました。
ちょっと遠目で見ると、ただピンクの花ですが、近づくと小さいピンクの花がたくさん咲いて集まってます。目をこらしてじっと見つめても良い花です。

simotuke02.jpg

沼原湿原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
猛暑の那須野ヶ原:フシグロセンノウ
昨日の続き..
猛暑(土曜日)でフラフラになりながらも、夏にどうしても撮らなければならない花があります。朱色フシグロセンノウです。
この花は、の草原の外れで1カ所、少し離れたところでもう1カ所の2カ所で見られます。ただ草原の所は、道路すぐ脇なので心配です。

フーフー息を切らしながら草原を渡って行くと...あれー!すっかりきれいに刈り取られている!地元の方にとっては、この花も道路をふさぐ雑草の一つなのでしょうね。
気を取り直しもう1カ所へ..ここはちょっと歩きます。暑さ負けの体には多少キツイのですが、花を見たさにトボトボ歩くと..咲いていたー! たった1本ですが、木々で覆われ薄暗いところに朱色の花を咲かせていました!

那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
猛暑の那須野ヶ原
那須野ヶ原の土曜・日曜は、とんでもなく暑かった!
写真を撮っていても、汗が噴き出しめまいがする。水分を摂りながらでも2時間で参りました。

さすがの暑さで、チョウマツムシソウの花の下で涼んでいる..と思ってよく見たら、自然界はそんなに甘い物ではないようだ。
下の写真のように、花の裏からなにやら怪しい手が見える。ちょっと花の上で刺激を与えると..出てきました。昆虫たちに、暑さは関係ないようです。食うか食われるかの世界をかいま見ました。

kum01.jpg kum02.jpg

那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋の七草:ナデシコ
秋の七草とはと言えば..
・ハギ ・キキョウ ・クズ ・ナデシコ ・ススキ ・オミナエシ ・フジバカマ
ですが、この草原ではナデシコがないなー..とずっと思っていました。
ところが、ついに・・今日!見つけてしまいました。

カワラナデシコといいますが、別名ヤマトナデシコのほうが、個人的にはいいなー!と思ってます。


那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須野が原の花:タチフウロとウツボグサ
この那須野が原の草原は、今草丈がとても高いです。最も高いところでは、ゆうに1m50を越えています。その中で昨日のキキョウと同じように、高い草にもたれながらピンクの可愛らしい花を咲かせているのが、タチフウロです。全体はとてもひ弱な感じですが、回りの草を利用して高いところに花を咲かせてます。

そして6月から秋の頃まで、道の片隅などに長~く咲いてくれるウツボグサです。花自体は紫色の地味な花ですが、撮る花が少ない時には助けてくれます。
utubo.jpg

那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須野が原 自生のキキョウ
那須野が原では、今でも自生のキキョウを見ることができます。
もちろん自生のキキョウは、栃木県の絶滅危惧種Aランクです。下の写真のように背丈ほど伸びたカヤなどの草に埋もれながらも、青紫の花を精一杯高く咲かせます。
この時期、あちこちの庭で綺麗に咲いてるキキョウを数多く目にします。同じ花ですが、この草原のキキョウには綺麗さより強さを感じます。
kikyo01.jpg

那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
白いカラス!?
7月26日の写真の鳥ですが、カラスのサイトを運営している方に聞いてみました。
その結果、色素異常のカラスではないか!と言うことです。

9時頃、1週間ぶりにそこへ行ってみると..、いました!畑でのんびりエサ探しでしょうか。また今日は、普通の黒いカラスと一緒なので、よけい白く見えてしまいます。ただ、ステップアップリングを忘れたので、テレコンが使えない!そのせいでカラスも小さめです。次は、もう少しよく写さねば!

karasu08-1.jpg karasu08-2.jpg


里山日記 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
那須野ヶ原のサギソウ
梅雨が明けたはずなのに..今日は朝から曇り空。しかも肌寒い!過ごしやすく生活するにはいいが、やっぱり夏は暑くないといろんなものに影響が出る!

今日も写真は先日行った那須野ヶ原の花、サギソウです。この那須野ヶ原の湿地には、サギソウが自生しています。花は、ちょうど咲き出したところですが、何となく一昨年より少なくなったように感じていました。たまたま居合わせた方に話を聞くと、昔から比べるとこの自生のサギソウはかなり少なくなってしまったとか..。相変わらず、平気で持ち去る人が多いと嘆いていました。
この花を見ると、持ち帰りたい気持ちは分からないではないが、この綺麗さは自然にあってこそ!だと思います。
sagiso02.jpg

那須野ヶ原 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。